書道師範になってどうしたいの?

 

書道師範になってどうしたいの?

 

まず、書道師範を目指すにあたって考えてもらいたいのが、

 

書道師範になってどうしたいのか?

 

ってことです。

 

 

 

なぜこんなことを考えてもらうのか、というと

書道師範になる目的によって
師範資格を取得する流派が違うから

 

なんですね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

一言で「書道師範」といっても

 

 

●文字を崩し書道を芸術としている流派
●美しい文字を書くことを目的にしている流派

 

 

では、学べるものが違います。

 

書道パフォーマンス

 

書道師範になる目的が

 

●書道パフォーマンスなどで自分を表現したい
●デザイン習字・アート習字を学びたい

 

のでしたら、芸術系の流派。

 

 

書道教室・賞状書士

 

 

●小学生などを対象とした書道教室を開きたい
●毛筆筆耕や賞状書士の仕事がしたい

 

のでしたら、きれいな文字を書く教育系流派。

 

 

書道パフォーマンスに憧れて書道を始めても
きれいな文字を書く教育系の教室に通ってしまったら
書道パフォーマンスをする機会はなかなか来ないでしょう。

 

 

逆に賞状書士の仕事がしたい思っているのに
文字を崩して書く芸術系の教室に通ってしまったら
賞状書士の仕事はできませんよね?

 

 

実際にはどこの流派でも
賞状書士や書道パフォーマンスが
できないわけではないとは思うのですが、
やはり最終的に目指すところが違ってきてしまい
夢をかなえるには遠回りになってしまいます。

 

 

なので、
まずは自分の目指したいことを決めておきましょう!

 

スポンサードリンク